Namekawa breathes this music …

Maki Namekawa and Philip Glass after the premiere of the Piano Sonata © Klavier-Festival Ruhr / Sven Lorenz
Maki Namekawa and Philip Glass after the premiere of the Piano Sonata © Klavier-Festival Ruhr / Sven Lorenz

On July 4th, 2019 Maki Namekawa premiered the Piano Sonata by Philip Glass at Pianofestival Ruhr in the German town of Essen. The “Salzlager” in the “Zeche Zollverein” was sold out in anticipation of the first piano sonata by the great American composer. After the performance Maki Namekawa and Philip Glass received standing ovations by the exited audience.

Malte Hemmerich of Frankfurter Allgemeine Zeitung wrote:

“… this happenstance gives the Festival a unity in its programming, even though geographically, it is strewn across the entire Ruhr district.  Even the hall, where the Japanese pianist, Maki Namekawa performed, is a brilliant choice.   The Zollverein Coal Mine Industrial Complex, a large former industrial site in Essen, seems, in comparison to the concert hall, like a lab – an experimental space.   

What could possibly follow an evening of Beethoven?   

Mozart!  But not Wolfgang Amadeus Mozart.  

Namekawa, wearing a yellow gown, opens her program with Sonatina No.3, composed by the Brazilian, Mozart Camargo Guarnieri.   Just to add to the confusion, Mozart Guarnieri’s Sonatina sounds like a work by Scarlatti, but with minimalistic Samba accents.  Namekawa does not seem to be linked to the music.  Instead, she observes it externally and from quite a distance.  The music seems well thought out and controlled.  This vision helps the momentous opus of the evening, 

Alban Berg’s Piano Sonata, composed in 1909.   The one movement piece contains a multitude of music history, and combines fragments of the music of Wagner, Beethoven, and Schönberg in concentrated form.   Namekawa’s performance swells in oblique romantic gestures.  She recognizes the brutalities of individual moments, and presents the sonata as a lively cluster weighed down, in the end, by fate.  

The most memorable musical experience of the festival, however, happened at the Coal Mine.   Namekawa, now dressed in a fabulous black gown, has prepared us audibly for this moment: repetitions in the Guarnieri, dark bass fluctuations in the Berg, a shivering tremolo in the Mendelssohn.  Every one of these instances clearly points to Philip Glass’ first Piano Sonata, a minimalistic work, becoming the logical culmination of this sonata evening!

The Sonata’s construction is colorful, wild, and has exciting leaps.  The first theme, which Glass had already used in his Third Piano Concerto, composed in 2017, almost sounds the same as the halting middle-segment of a Rachmaninov Prelude.  The theme returns suddenly and is elaborated in the second movement.   This movement, filled with contrasting, counterrhythmic  rhythms is Philip Glass’ pianistic showpiece.  It also displays many of the familiar elements found in the composer’s etudes and solo works.   Commissioned by this Festival, this wild kaleidoscopic version, premiered here in Essen, at the Philharmonic Hall in Paris and the Ars Eletronica in Linz.  

 It is Glass’ most demanding pianistic creation.  The virtuosic octave leaps, are, due to their incredibly fast passage work, at the edge of technical ability.  This music is life and breath for Namekawa.  It is a prime example of how a matchless unity ensues, when the composer and the interpreter work closely together, a situation hardly achievable, when a pianist interprets time honored repertoire.”

「偉大な芸術性」 2019年第31回ドイツ・ピアノフェスティバル・ルールで開催された滑川真希・ピアノリサイタルの7月6日付フランクフルト新聞掲載の批評(抜粋)

キーシンのコンサートの夕べでピアノソナタが取り上げられた次の晩にソナタ形式を解剖する様なコンサートが開催されるのは、フェスティバル側の演出の良さのいい例えであろう。かくしてこのピアノフェスティバルの演目に深みがもたらされる。
エッセンで日本のピアニスト滑川真希が演奏した会場、世界遺産に登録されているツォルフェアアイン炭鉱、打ち付けのコンクリートとそそり立つ鉄に寄って再建築されたそのコンサートホールは、フィルハーモニーホールと比べてまるで巨大な実験室の如く、このようなコンサートにうってつけの場所である。
滑川はリサイタルをブラジルの作曲家モーツァルト・カマルゴ・グアルニエリのソナチネ第3番で幕開けした。彼女はこの曲の音楽だけに束縛されず、適度な距離から観察し、熟考してそれを操っているように見える。この方法はこの晩の力強いアルバン・ベルクのピアノソナタの演奏に好都合である。滑川は情緒豊かな動きに身をゆだね、また凶暴な瞬間を見て取り、このソナタを生き生きとした音郡と運命的な終末によって表現する。
ピアノフェスティバル・ルールに於ける音楽の力強いクライマックスは、フィルハーモニーホールではなく、ここツォルフェアアイン炭鉱のコンサートホールにて起きた。黒いドレスを身にまとった彼女はこの時を周到に準備していたようだ。グアルニエリでの反復音、ベルクのソナタでの暗黒の低音弦の響き、メンデルスゾーンでの鼓動するトレモロ、その全ての楽曲は明らかに後続する楽曲、滑川の為にフィリップ・グラスが作曲したピアノソナタ第1番、そのミニマルな楽曲こそがこのピアノソナタの夕べの歴然とした頂点・ハイライトである事を暗示していたのである!

ドイツのピアノフェスティバル・ルール、フランスのフィルハーモニー・デ・パリ、そしてオーストリアのアルス・エレクトロニカの共同委嘱作品であり今回世界初演を迎えたこのソナタは、色彩豊かで、ワイルドで、エキサイティングで、飛躍的なエレメントからなるが、作曲家フィリップ・グラス特有のエレメントがこの様に目まぐるしく変化する万華鏡の様に表現されているのは初めてである。

 この曲は演奏不可能に近いオクターブの跳躍の連続などがあり、フィリップ・グラスのピアノ作品の中でも最も難曲に位置するであろう。にもかかわらず、彼女はこの音楽を「呼吸」するように演奏する。作曲家と演奏者がいかに共同して創り上げた楽曲が、歴史上のレパートリーを演奏する際には到達し難い、作品と演奏に於ける比類のない一体感が得られるという例えであろう。

キーシンの演奏するベートーヴェンの三和音のタッチのように、彼女の演奏するどの単純な四和音も、初めて耳にする小さな奇跡のようである。この様な優れたピアノリサイタルとその偉大な芸術性を聴いた後には、他に何も欲することはない。(マルテ・ヘンメリッヒ筆)